TOP  13人のグランマザー福岡の会 5/1(日)天神イムズ限定上映

13人のグランマザー福岡の会

トップバナー.jpg

  • 2011/06/15
    • 上映会収益についてのご報告
      上映会当日は多くの方にお集り頂き、ありがとうございました。 上映料・物販販売の収益から会場費等の諸経費を差し引き、利益が「35万5483円」になりました。皆様へ心よりお礼を申し上げます。 以前、お伝えしましたとおりこの金額をすべて「東日本大震災」被災地の復興のための物資支援や、被災地の受け入れをしている団体、現地入りをして救援を続けている団体などに寄付させていただきます。 支援先の詳細などは改めてご報告致します
  • 2011/04/01
  • 2011/03/25
    • 3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
    • 被災地の復興に微力ながらもお役に立ちたいと考え、この上映会の収益すべてを義援金とします。
  • 2011/03/10
    • houちゃんライブ決定しました!

13人のグランマザー

共通の目標とそれぞれが抱える地域的な問題に奉仕するため共に働くことを目指し、アラスカのツンドラ地区、南北・中央アメリカ、アフリカ、アジアなど、世界中から13人のグランマザーたちが集まりました。

LinkIcon映画の紹介
LinkIcon13人のおばあちゃんのプロフィール
LinkIconグランマザー国際会議

13grandma.jpg

「13人のグランマザー福岡の会」代表 パール・よりこ

「僕の祖父母が、先住民族の土地を力づくで奪った」という事実に思い悩む白人の青年。それにグランマザーは「あなたを息子や孫と呼びたい」と答えるーこの映画の中で、私が一番心に残ったシーンです。グランマザーは過去にとらわれず、未来を真摯に考え、行動しています。先住民族の方々が伝統的に行っている儀礼やお祈りは、私たち日本人にはあまり親しみがないものばかりです。このようなシーンを初めて目にする人は、その光景に驚かれるかもしれません。ですが、異なる肌の色・言語・宗教を越えた共通の思いはひとつ「地球に生きるすべての命の調和を祈り、子供達の未来を守ること」。宗教や国家のカテゴリーを越えて、地球の一部としての人間のあり方を考えているのです。オープニングにhouさんによるライブ、上映後には”地球交響曲”プロデューサーの龍村ゆかりさんと春日助産院の大牟田智子さんをお招きして、トークセッション、最後にマザートークさんによる歌を予定しています。「今、自分にできること」それを考えはじめるきっかけになればと思います。

live.jpg

hou.jpg

mota.jpg

ktai.jpg

協賛/協力 株式会社 イムズ

ナチュ村/MANA BURGERS/ LANDSHIP cafe/Nanの木/ Natural Dining Bar FIDA/マンマ・ミーア (manmamia)/サンバル食堂/ バンビの木箱/Jalan Jalan /春日助産院/ UNIVA/yogalimt/ 海辺のヨガスタジオ LOTUS/BijaHeart/ たべものや・らうらう /Luna HULA/ 脇園 恵子/布ナプキンアメリ/クレセントムーン/Yogaーone東京/moksha/古沢運送/わたしのトッポンチーノ/YOGA STUDIO TIKI/ 子育てサポートセンターぶらんこ/studio+kaffee Mana works/むすび屋 kumari/Cross Culture Communication Center/すこやか工房/リレーション/Azur/山崎芳子税理士事務所/森の舎楽「13人のグランマザー 福岡の会」サポーター